2014年6月22日第12回放送「修繕積立金とは?」

住まいのトラブルバスター2014年6月22日放送内容です。修繕積立金とは共用部分の計画的な修繕、臨時的な修繕を実施するために、徴収した金銭を積み立てたもの。原則として積立期間を通して均等に積み立てるものである。

分譲マンションの場合は、毎月修繕積立金を支払っているケースがございます。

戸建住宅は、修繕積立金がない為に突然の設備トラブルや定期的メンテナンスにかかる費用をその都度準備する必要がございます。そうならない為にもご自身で毎月一定額を積立をしておくことが重要です。
戸建住宅の場合は、毎月の修繕積立金の目安1坪に対して約1,000円/月と言われております。
例)延床面積30坪✖️約1,000円=30,000円/月
  ※延床面積は1・2階の床面積です。

「毎月の積立は難しい」とおっしゃる方は、家を直される際にローンを組まれる方もいらっしゃいます。

リフォームローンとは?

住宅を改築・改装する際に利用する住宅ローンの一種です。
・銀行のリフォームローン、信販会社のリフォームローン等がございますので調べてみて下さい。
新築で購入した家も、十年・二十年と住んでいるとあちこち傷んでくるため、リフォームが必要となってきます。そんなとき、リフォームローンを利用すれば、通常のキャッシングローンなどを利用するよりも安い金利でリフォーム資金を調達することができます。
長期の修繕計画を立てることをオススメ致します。

市民住まい向上委員会では相談会を開催します

国・市町村には、各種助成金制度などがございますので地域のホームページをお確かめ下さい。
分からない場合は、市民住まい向上委員会まで。

上記にないものについてはお問い合わせください。

相談会の詳細はこちら